トムソン抜き加工に必要な 平面精度 ②

抜き機、トムソン抜き、ビク抜きと呼ばれますが、現在では、ピナクル型など、精度の高い抜型も多く使用されています。

ひと昔とは違いトムソン型、ビク型でも抜き精度が高くなってきており、安価な加工方法である、ビク抜き、トムソン抜き加工が選択されるケースが増えてきております。

当社の機械は、一体型で鋳物製の本体フレームを採用しております。また、上下のプレス面(ボルスタ面)など構造部品も多く鋳物製を採用しております。
これにより鋳物製の特徴でもある耐摩耗性、振動吸収性、熱膨張率が少ないなど、長期間の安定した加工を支えることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です